会社のご案内

 

​創業者の想い

創業者 梶原 正勝​

​​

「リハビリ難民」を救いたい 

医療制度改革で病院でのリハビリ日数に制限がかけられ、十分なリハビリを受けられずに退院せざるを得なくなる「リハビリ難民」の増加が予想されました。 私は病院での勤務経験があり、困っている人を救いたいという気持ちが強く、リハビリを受けたいのに受けられない人へ手助けが出来ないかと考えました。その頃、在宅におけるリハビリは発展途上でしたので、訪問マッサージが「リハビリ難民」を救うとすぐに確信を持ち、「寝たきりゼロ」 「地域社会への貢献」「マッサージ師の地位向上」を理念に掲げ、2004年10月医療に特化した 訪問専門のマッサージ治療院を設立いたしました。 

「超高齢化社会」を支えたい 

日本は高齢化が進み、人類が経験したことのない「超高齢化社会」を迎えています。病院や介 護施設の数が不足し、独居や老老介護が増加して在宅ケアのニーズがさらに高くなってきています。住み慣れた場所で質の高い生活を送れるように、力になりたいと考えました。訪問医療マッサージで培った知識と経験や地域との連携を活かして、この時代を支える一つとなるべく、「あなたに逢えてよかった」「これでいいのだの地域ケア」を理念に掲げ、2015年6月に訪問看護ステ ーションを設立いたしました。 

医療と介護の架け橋に 

医療や介護サービスがまともに受けられず、亡くなられる方を少しでも減らしたいと考えています。訪問医療マッサージと訪問看護が連携し、利用者様に合った治療やケアを行い、最後まで寄り添える体制が整いました。また、地域の医師やケアマネジャーを含む医療・介護のさまざまなサービス、同業他社との連携も今まで以上に深め、それぞれをつなぐ架け橋となれるよう励ん でいます。地域でなくてはならない存在になり、医療と介護業界全体の垣根を低くすることが社会貢献につながると私は信じています。 

 

​代表者からのメッセージ

代表取締役 梶原 信子​

​​

在宅ケアに欠かせない人を育てたい 

創業者と二人三脚で会社運営を行って参りましたので、「リハビリ難民」を救い、「超高齢化社会」を支えたいという想いは同じです。 

2025年には、団塊の世代が75歳を迎えます。国を挙げて取り組む必要のある大きな問題に対し、「希望を持って自分らしく暮らせる地域づくり」を推進し、地域の同業他社とも連携をとり、 世に歩んでいきたいと考えています。

 

そのためにスタッフ一人ひとりが、自分の持つ力を地域のためにいかに発揮するかを考えて行動する必要があります。病院等での経験が豊富でも、在宅となると勝手が違い、臨機応変な対応力が求められます。その為、社内勉強会や同行訪問など在宅ケアに必要な研修を実施しています。また、気軽に相談できる人間関係の構築も不可欠です。 そのような人材を育成する事が社会貢献へつながると考えています。 

そして、スタッフにはいつも笑顔でいてもらいたい。働きやすい環境とはどのようなものか、社長としてできることは何か、時にはスタッフの意見を聞きながら笑顔で働ける職場を作ることが、私のこれからの役割と考え邁進して参ります。

 

会社概要

名称:有限会社オフィスエイド

創立:1984年7月

代表取締役:梶原 信子

所在地:〒591-8037 

    堺市北区百舌鳥赤畑町1丁28番地6 グランディール三国ヶ丘1F 

TEL:072-256-0404(代表)

FAX:072-256-0393

ホームページ:http://mikuni-mg.jp

 

​事業沿革

1984年 7月  有限会社エレガントライフ 設立

2003年 4月  有限会社オフィスエイドに社名変更

2004年 10月 三国ヶ丘マッサージ治療院 開院

2015年 5月  地域ケアステーション八千代 開設

2017年 3月  八千代マッサージ院 千亀利 開院

2018年12月 三国ヶ丘マッサージ治療院 八尾 開院

         八千代マッサージ院 千亀利を三国ヶ丘マッサージ治療院 岸和田に名称変更

2019年3月   三国ヶ丘マッサージ治療院 鳳 開院

           三国ヶ丘マッサージ治療院 富田林 開院

2020年3月   三国ヶ丘マッサージ治療院 岸和田を三国ヶ丘マッサージ治療院 鳳に統合

2020年9月     三国ヶ丘マッサージ治療院 八尾を三国ヶ丘マッサージ治療院 藤井寺に移転

アクセス